新生FF14キーボード&マウス勢もクロスホットバーを活用しよう

アイキャッチ・心無い挨拶マクロ~新生FF14クロスホットバーのちょっと便利な機能 FF14
スポンサーリンク

新生FF14には「クロスホットバー」という機能がありますね。

これはそもそもゲームパッドでプレイしている人向けのもので、Rボタンを押しながら方向キーあるいはABXYのいずれかを押すと、ホットバーのセットを8パターンから切り替える事ができるという機能です。

私も最初はPS3タイプのパッドでプレイしていたのでこの機能は普通に使っていたのですが、Logicool G600 + G13 の組み合わせに転向してからは全く無用となり、存在を忘れていました。

ところがどうも、このクロスホットバーは通常のホットバーに加えて、16スロットx8セット、合計128スロットが使えるというものらしく、さらにはパッドを使っていなくても表示や操作ができるとの事。

つまり、通常のホットバーのスロットに加え、プラス128個のスロットが使えると言う事になります。

そして、常に表示できるのは1セット=16スロットだけという仕様ですので、「8個のセットを切り替えて使う」というところがミソです。

つまり、残りの7セットは非表示なんですね。

ここでは私のクロスホットバーの使い道を紹介したいと思います。

以降、クロスホットバー=XHB、通常のホットバー=HBと略します。

XHB仕様のポイント

  1. ゲームパッドがつながっていなくても表示できる。
  2. 常に表示されているのは1セット(16スロット)のみ。
  3. 切り替えはRボタンを何かしらのキーに割り当てて行う。スロットのアクションを起動するにはマウスでクリックする。
  4. 16スロット内に何かしらアクションがアサインされているセットのみが表示され、空のセットは切り替えてもスキップされる。

上の特徴から、キーボード&マウス勢にとっては、次のような使い方ができます。

  1. 使用頻度の低いアクションをXHBに割り当てることで、常時表示するHBを減らす。
  2. 表示するセットを切り替えておくことで、マクロの誤爆を防ぐ。

使用頻度の低いアクションをXHBに割り当てることで、常時表示するHBを減らす

ビフォー

アフター

HBは最大10本表示する事ができるため、ついつい「あれもこれも」アサインして画面上に所狭しと表示してしまいがちです。

私も9本まで表示していました。

ですが、常にHBが9本も表示されていると画面が煩いですし「いちいちアクションを探すのが面倒だからHBにアサインしている」という程度で、実際には大して使わないアクションも多かったりします。

XHBは16スロットx8本ですので、そういった頻度の低い、かつ、マウスでクリックして実行しているアクションはXHBに逃がすことにしましょう。

「マウスでクリックして実行しているアクション」と言う条件は何故かと言うと、キーボード&マウス勢がXHBのアクションを実行するには、マウスでクリックするしか現実的な手段が無いからですね。

パッドを接続して操作すれば、できなくは無いんでしょうが、わざわざそんな面倒な事までしたくないというのが本音ですので。

自分のHUDを見直すと、XHBに逃がせそうなアクションが見つかるかと思います。

基本的に非戦闘系のアクションはXHBに置いて、必要な時にセットを切り替えクリックすればいいんです。

私の場合は、ギャザクラの全JOBに着替える事があるので、12スロット使って各JOBのギアセットをアサインしています。

HBだと1本まるまるギャザクラのギアセットで埋まってしまいますが、XHBは1セット16スロットですので、全ギャザクラ分登録しても4スロット余ります。

XHBセット2にはモブハン証書やらポーションなど。

セット3はよく使うエモとか。

XHB使用時の注意その1

私はXHBは3セットのみ使っています。

8セット全部に何らかのアクションを入れてしまうと、切り替えるキーは1個だけなので、最大7回切り替えキーをカチャカチャしなければいけません。

これではいざアクションを使う時に、目的のセットに辿り着くまでがもたつき過ぎます。

なので、最大8セットも使えるのにもったいない気がしますが、3セットぐらいが限界かなと思います。

表示するセットを切り替えておくことで、マクロの誤爆を防ぐ

マクロの誤爆については、皆さんも心当たりあるかと思います。

キーボード&マウス勢は、画面にホットバーを可能な限り表示し、戦闘系はもとより、非戦闘系のよく使うアクションやマクロをスロットに割り当てていますね。

その中にはおふざけエモや挨拶なども含まれているでしょう。

で、それを例えばID中などに意図せずクリックしてしまうと。

戦闘中唐突に

●●は□□のお尻を鷲掴みにした!

なんていうエモが流れたなんて経験ありませんか?

私はあります。

それも鷲掴みにされる側で。

微妙な雰囲気になりますよね。

内輪向けのマクロが誤爆したのか、ワザとなのか、興が乗ってしまったのか、通報ものなのか。

その時はとっさに、

おいヤメロw

とかなんとか返しておきましたが、自分が誤爆した側だったら冷や汗ものですね。

エモはまぁ、ネタなのか誤爆なのか解釈する側次第って面もありますが、挨拶マクロとか使っている人は気まずいです。

ょろしくぉねがぃしまぁす⁽˙³˙⁾◟(๑•́ ₃ •̀๑)◞⁽˙³˙⁾

的な凝った挨拶文が一瞬で表示されるタイプの人は「マクロかあ」と思ってしまいますが、

IDに入った瞬間に

ぉっかれさまぁฅ(^ω^ฅ) ニャ~ ᗦ↞◃ ᗦ↞◃ ᗦ↞◃ ᗦ↞◃

なんて言われると、TVでも見ながらマクロポチポチしてるのかよコイツ、とかテンション下がりますよね。

つい先日もエキルレのボス戦中に、

おつかれさまでしたー

おつかれさまでしたー

と連続で表示してるDPSさんがいましたね。

この誤爆は、マクロをアサインしたスロットを間違えてクリックしてしまったせいで起こっているんだと思います。たぶん。

キーボード&マウス勢が戦闘中にマウスカーソルの行方を見失ってしまうなんてのは割りと良く起こりますし、左クリック連打してると思わず違うスロットを実行してしまう事だってあります。

そこで、戦闘中には絶対に不要であるエモや挨拶はXHBに逃がしておき、例えば挨拶ならID開始の最初とラスボス後だけセットを切り替えてクリックするようにします。

挨拶し終わったら、戦闘中はセットを無難なものに切り替えておきます。

これで気まずい誤爆を防ぐ事ができます。

XHB使用時の注意その2

XHBは、画面暗転中は使えません。

ですので、挨拶をマクロ化している横着さんは、ロードの暗転中にさっさと挨拶を済ませたくても、できません。

逆説的に、明らかにロード中に挨拶をしている人は、マクロを使っていないと言えるのではないでしょうか?

キーボード&マウス勢がXHBを使う~設定編

XHBの設定は全て、システム>キャラクターコンフィグ>ホットバー設定から行います。

私の設定を一通り貼ります。

左のタブから、「表示」

「共有」。この設定はお好みでどうぞ。

「基本」。

ホットバー設定を以上のようにすると、内容はともかくXHBが表示され、いい感じに切り替わるようになります。

では次にホットバーの各セットのスロットへアクションを登録します。

デフォルトのXHBセットをクリアする

XHBには8セット全てにデフォルトで何かしらのアクションがセットされています。

つまり、デフォルト状態では8セット全てが表示・切り替え対象になっています。

XHB表示後に手で解除しても構いませんが、

/crosshotbar  remove 1 all

で、XHBセット1のスロットが全て削除されますので、使わないセットはこれで一気にクリアしておきましょう。

remove 1 の「1」がセット番号になります。

空のセットを表示するにはコマンドでダミーのアクションをセット

XHBは何か1つでもアクションがセットされていないと表示されませんので、空のセットをやはり使いたいとなった時、コマンドで何かしらのアクションをセットする必要があります。

/crosshotbar general テレポ 1 LD1

これでセット1の左側下スロットにテレポがセットされますので、セット1が空セットでは無くなります。

このようなマクロを作っておき、必要になった空のセットにテレポをセットするようにします。

テレポ 1 の「1」がセット番号になります。

後は通常のHBと同じように、各スロットにアクションをセットしましょう。

ペット用ホットバーとEXホットバーの注意

デフォルト状態だと、ペット用HBやEXホットバーがXHBに表示されてしまいます。

どうなるかと言うと、召喚士や、蛮族クエで特殊マウントに乗っている時に

こうなってしまいます。

「SET+」というのがEXホットバーですね。

これは宜しくないので、先に設定画像を貼りましたが、システム>キャラクターコンフィグ>ホットバー設定

「表示」「XHB基本」

をカスタマイズしています。

「表示」>「EXホットバー表示設定」

「XHB基本」>「ペット用EXホットバーを使用する」

の部分ですね。

 

いかかでしょうか、まぁ完璧とは言えませんが、キーボード&マウス勢にとっても、XHBはそれなりに役に立つ機能だと思いますが。

タイトルとURLをコピーしました