青魔道士Lv70クエスト報酬装備ミラージュコーティーを使ったミラプリ

アイキャッチ・青魔道士Lv70クエスト報酬装備ミラージュコーティーを使ったミラプリ ミラプリ
スポンサーリンク

今更なんですがようやく青魔道士をLv70まで上げました。

正直青魔なんぞ全く上げる気も無かったのですが、レジスタンスウェポンの強化クエスト用素材「何々の魂」を集めるのに青魔だとFATEで無双できて効率がいい、という話なので仕方なく、嫌々レベリングしましたね。

レベリング超ダルかったです。

何がダルいって青魔の場合、ただレベルを上げても青魔法と呼ばれる魔法は一切増えていきません。

そう「ラーニング」が必要です。

特定のモンスターと戦い、そのモンスターがスキルを使ったのを見てから倒して且つ確率でその技を青魔法として覚えるという仕組みですね。

このラーニングで青魔法を増やしていかないとクエストが進みませんし、そもそも戦闘が一切楽になりません。

その上「マスクカーニバル」と言う専用の対モンスター戦もクリアする必要があります。

31種類もあるマスクカーニバルをクリアしないと手に入らない青魔法がある上、そのマスクカーニバルをクリアするにはラーニングで特定の青魔法を習得しておかないとほぼ無理、といった設計になっています。

もうバカのドミノ倒しのようにアレをやれ!コレが無いとダメ!…と、とにかく糞面倒。

いや、もう二度とやりたくないですね、マスクカーニバルとか。

Lv70のジョブクエスト「ものまね士ゴゴ」をクリアするとミラージュチェストが貰える

青魔の場合、武器は一切レベルが上がらずLv1のまま、見た目のみ変わるバリエーションが数種類あるだけです。

一方防具・アクセサリはキャスターと共通です。

ですがジョブクエストをLv70までクリアするとミラージュチェストという報酬が貰え、これを使うと青魔道士専用のIL400の頭・胴・手・脚・足防具が手に入ります。

これがミラージュアタイアと呼ばれるミラージュ装備一式で、染色可能になっています。

見たところ胴・脚装備は使いでがありそうですので、今回は胴装備を使ってみます。

青魔道士Lv70クエスト報酬装備ミラージュコーティーを使ったミラプリ1

レザーベストの下に高級感あるシャツとネクタイ、そして謎の腹巻きとかなり着込んでいるにも関わらずベストのウエストがキュッと絞られているのでシルエットがスリムなのが好印象です。

前から見た時はね。

シルバーのアクセサリーも意味不明にハート型だったりして可愛いです。

謎の外人が都内の路上で売ってそうなアクセサリーですね。

ミラプリレシピ

青魔道士Lv70クエスト報酬装備ミラージュコーティーを使ったミラプリ正面青魔道士Lv70クエスト報酬装備ミラージュコーティーを使ったミラプリ左青魔道士Lv70クエスト報酬装備ミラージュコーティーを使ったミラプリ背面青魔道士Lv70クエスト報酬装備ミラージュコーティーを使ったミラプリ右

部位 ミラプリ 染色
パラムールイヤリング N/A
ミラージュコーティー ルビーレッド
スキュラキャスターグローブ N/A
紅蓮祭小袴 ジェットブラック
デモンサイブーツ ジェットブラック

後姿が例によってカーテンみたいなマントで覆われているのが残念ですね。

ホント糞ダサマント好きだよなぁ…。

ミラージュコーティーはそのままだと袖がダボっとしていて暑苦しいのでスッキリさせたいところ、スキュラキャスターグローブは長袖を半袖にしてしまう効果があり、ガンメタルの装飾もいかにも魔道士っぽいので使ってみました。

染色できませんが、ミラージュコーティーの袖部分とはイイ感じに色味が合います。

この手装備、オシャレ装備として使うには武装感が高すぎますが、今回は胴装備が結構派手なのでギリギリ合う感じです。

青魔はレベルキャップ上、装備は既存のキャスター装備を後追いするしか無いというミラプリ上致命的な欠陥があります。

なのでパッチ5.45での強化のように、よっぽど使う旨味が無ければ超ヒマ人以外は見向きもしないと思うんですが、今回のように青魔専用且つ染色可能という装備が出てくるとその瞬間だけは輝けるかも知れませんね。

タイトルとURLをコピーしました