自作Lightwave用スクリプト:AxisAlign~背景の直線を軸にして前景の頂点を筒状に並べる

アイキャッチ・自作Lightwave用スクリプト:AxisAlign~背景の直線を軸にして前景の頂点を筒状に並べる 自作スクリプト
スポンサーリンク

私は趣味で3Dのモデリング、レンダリングをする際にはずっとLightwaveを使っているのですが、欲しい機能が無くてもどかしい時には仕方なくプラグインを自作しています。

ここでは、私が作ったLightwave用プラグイン(スクリプト)を公開していきたいと思います。

概要

Lightwave:Modeler用スクリプト

前景レイヤーで選択されている頂点を、背景レイヤーの2頂点を軸とした筒状に配置します。

既に存在している頂点を、指定の軸に沿って円柱のように広げる目的で作成しました。

Lightwave: Script for Modeler

Arrange the selected vertices in the foreground layer in a cylindrical shape with the two vertices in the background layer as axes.

The purpose of this is to spread the already existing vertices like a cylinder along the specified axis.

使い方

モデラー上で背景レイヤーに2ポイントを作成します。

この2ポイントは直線ポリゴンにしても、しなくても構いません。

これが筒(円柱)の軸となります。

直線ポリゴンを作成した方が、軸の傾きを目視しやすいのでおススメです。

次に前景レイヤーで並び変えたい頂点を選択します。

頂点セットを使うのが良いでしょう。

この状態でAxisAlign.lscを実行すると、軸からの距離を入力するダイアログが開きます。

筒(円柱)の半径をここで入力します。

OKを押すと前景で選択した頂点が、背景の2頂点を軸とした筒(円柱)状に再配置されます。

適用前の頂点選択状態

自作Lightwave用スクリプト:AxisAlign~背景の直線を軸にして前景の頂点を筒状に並べる1

例えばこのように、デコボコの穴が開いているとします。

見づらいですが、背景レイヤーに2ポイントの直線ポリゴンを作成しています。

この直線ポリゴンがデコボコの穴の中心を通るように配置しています。

自作Lightwave用スクリプト:AxisAlign~背景の直線を軸にして前景の頂点を筒状に並べる2

スクリプト実行時に開くダイアログのパラメータDistance from axisは筒(円柱)の半径に相当します。

適用後の頂点

自作Lightwave用スクリプト:AxisAlign~背景の直線を軸にして前景の頂点を筒状に並べる3

このように再配置されます。

前景の各選択頂点から背景の軸に対して垂線を降ろし、このベクトルの大きさをダイアログで与えられた半径に変換したものが再配置後の頂点の位置となります。

自作Lightwave用スクリプト:AxisAlign~背景の直線を軸にして前景の頂点を筒状に並べる4

ダウンロード

以下のzipを展開し、お使いのLightwaveのプラグインフォルダへコピーして下さい。

AxisAlign1_3

免責事項等

本ツールは、使用者の責任にて使用することを前提として提供されます。
本ツールの妥当性や結果に関する判断は使用者が行うべきものであり、著作権者は使用結果に関して何らの保証をするものではなく、どのような形でも責任を負いません。
著作権者は本ツールの仕様、もしくは使用不能に起因して生じた利益の損失、障害、その他の金銭的な損害を含め、いかなる特定の偶発的、間接的、もしくは派生的損害についても責任を負いません。

タイトルとURLをコピーしました